アフリカ、コンゴ川に生息しナマズ目サカサナマズ科シノドンティスに属する。
腹部を上に向けて泳ぐ習性からこの名がつけられた。


▼特徴

最大全長: 8cm前後
飼育環境: 淡水
魚種: ナマズの仲間
参考価格: 500円


シノドンティスの仲間としては小型で、性格も温和なので混泳も可能と飼いやすい。
小さくても長いひげと野性味ある風貌から、ナマズっぽさを十分に感じ取ることができます。

意外にも流通量は多く、大抵のアクアショップで見かけることができる。
逆さに泳ぐ姿は非常にユニークだが、物影でじっとしていることが多いというジレンマも。



逆さに泳ぐサカサナマズ


言うまでもなく、最大の特徴が逆さに泳ぐユニークな習性です。
光に反して泳ぐため、無重力空間でもこの習性は変わらないようです。

いったい誰が試したのだろうか。


▼アクア・トト ぎふのサカサナマズ水槽




2010年に投稿された動画ですが、現在でもこの水槽は健在なのでしょうか。

動画では中層を悠々と泳いでいますが、混泳水槽だとなかなか見られない光景だと思います。



▼昼間は葉の影などに貼り付くように隠れる




夜行性のため、動画のように物陰に腹を向けてよく隠れる。
オトシンクルスのように縦や逆さに留まっているところを良く見かけますが、吸盤などはなさそうです。
よほど泳ぎが上手いのだろうか。


▼縦になって留まるサカサたん

810808_1396456730



▼食事マナーはわきまえるサカサナマズ




上から降ってきたエサは逆さで食べ、
底のエサは他のナマズ同様に腹を下に向けた体勢で食べる。
ナマズらしく雑食性です。



「混泳できるナマズ」という魅力

コリドラス以外のナマズは、小型でも肉食だったりと
混泳がなかなか難しいところですが

サカサナマズは性格も温和で、同じくらいのサイズの魚なら混泳が可能です。
ただし、口に入るサイズの小型魚やエビは捕食されてしまうため混泳できないのであしからず。


▼クラウンローチとの混泳水槽





▼コミュニティタンクにサカサナマズ





▼群泳も楽しめます

生息地では大群を作って暮らしており、臆病な性格のため
複数匹で飼育してあげると安心します。

前面で泳ぐ頻度も上がるかもしれません。





これだけいるとなんだか妖しい雰囲気に・・・!?
夜行性のため、暗めの環境で飼育するのもいいかもしれませんね。



▼顔をアップでよく見ると・・・




おひげが枝毛のようになっています。

コリドラスにはない、迫力のあるナマズっぽさに加え
どこか愛嬌のあるすっ呆けた一面も楽しめるんじゃないかと思います。



サカサナマズ


【生き物図鑑-目次ページ-に戻る】


この記事は皆さんの情報提供をお待ちしております。

管理人はまだまだ勉強不足です。
情報に間違いがあった場合のご指摘や、補足情報等ありましたら
お気軽にコメントください。

また、当記事に載せる写真や情報を募集しております。

専門スレでも単発スレでも!スレ立て、書き込みお待ちしてます。
アクアログBBS

掲示板以外にも、下記のメールフォームまたは、当ブログTwitterより
ご連絡くださっても大変喜びます。

▼メールフォーム
こちらからどうぞ

▼Twitter
アクアログ

最後まで読んでくれてありがとうございました∋( ・_・ )∈



1001: pH7.74 2023/07/74(日) 00:00:00.00 ID:aqualog

専門スレでも単発スレでも!スレ立て、書き込みお待ちしてます。
アクアログBBS
▼ランキングに参加しています
にほんブログ村 観賞魚ブログへ